お知らせ

『日本全国 しあわせ喫茶&カフェ探訪』

タイトルの本は昨年 、河出書房新社から発売されましたカフェ本です。著者であるイラストレーター まるやまひとみさんの温かみあるタッチの絵が満載の一冊です。喫茶路地も取材いただきまして素敵なイラストで載せていただいています。 そのまるやまさんに先日、来阪された際にわざわざ再訪いただきました。ありがとうございます。本は全国の書店かAmazonでもお取り寄せできます。 今年9月に個展をされるそうです。 ●期間:2019年9月12日(木)~23(月・祝) ●タイトル:旅のキロク♯3(手帳スケッチを拡大したパネル展示) ●場所:平岡珈琲店(大阪・本町) ※ご本人のツイッターの情報を掲載させていただきました 平岡珈琲店といえば大正十年創業の老舗店ですねコーヒーとそれからドーナツが有名です。大阪では初個展ということですので是非この機会に!

まだ父の日ギフト間に合います

父の日当日にギフトをお届け可能なのは本日中までのご注文となります。 スタンダードなブレンド、ハワイコナ、コピルアック、オリジナル手ぬぐいセットとございます。 父の日詳細は前回のブログより 直接オンラインショップには下記より https://kitusaroji.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2409674&csid=0

えのこdeマルシェはデカフェもご用意します。

明日6/8(土)に出店します“えのこdeマルシェ ” にはデカフェ(カフェインレス)のコーヒーも2種ご用意します。※マルシェの詳細は以前のブログを参照ください デカフェの定義は生豆で90%以上カフェインを除去したものですが、今や99.9%除去が当たり前ですね。妊娠中、授乳中、カフェインが気になる方にも安心してお飲みいただけます。 製法も昔は溶剤抽出という方法で健康面に問題があったのですが現在は、水や二酸化炭素を用いてカフェインを抽出するので安全です。 当イベントはお子様連れの方々のご来場も多いということで、デカフェをお探しの方に喜んでもらえたらいいなぁと思っています。 明日の天気が気になるところですが雨天の場合でも館内に場所を移してマルシェは開催されますので是非遊びに来てくださいね。

父の日ギフト

今年も父の日が近づいてきましたね。 お父さんは「父の日」をどう考えているのでしょうか。 市場調査会社マクロミル 調べによりますと、、 “「特別なことはしてもらわなくていい」(31.1%)、「感謝の気持ちを伝えられたい」(19.3%)、「父の日には子どもと過ごせれば十分」(18.1%)” とモノよりも気持ちで十分というお父さんが多いようです。 とはいえ、遠く離れてお住まいになっている場合もありますし“気持ち”を伝える上で何かモノを贈るということが非常に多いと思います。 喫茶路地では昨年も好評でした「父の日コピルアックギフト】をご用意しています。コーヒー好きなお父さんならきっと喜んでもらえる希少で珍しいお豆です。 その他ベタですがプレミアムコーヒーとして有名なハワイコナエクストラファンシーの手ぬぐいセットや定番のセットもございます。 コーヒーを普段から淹れてる方でしたらお父さんの為に淹れてあげるのもいいかもしれませんね。不思議と人に淹れてもらったコーヒーって無条件で美味しいもんなんです。 父の日のギフトはオンラインショップにて予約受付中です。店頭お渡し、ご自宅宛、直接お届けとお選びいただけます。

イベント出店(えのこdeマルシェ)のお知らせ

こんばんは 昨日で喫茶路地も丸6年を向かえ、本日より7年目になりました。ありがとうございます。7年目もどうぞよろしくお願いいたします。 さてイベント出店のお知らせです。来る6/8(土)大阪市西区にあります大阪府立江之子島文化芸術創造センター【enoco】で行われます えのこdeマルシェvol.15に出店いたします。 パンフレットの内容を一部抜粋させていただき簡単に主旨をご説明しますと… 当マルシェは【enoco】を拠点とし、「街の景色を少しだけ変えてみる」を合言葉に、様々な企画やチャレンジをする場として、enocoとクリエイターが共同で企画・運営しているマルシェプロジェクトですー。 というマルシェです。 今回は当店で今年初めより行っていました開業希望者向けのコーヒー教室をしていた関係で、ご縁がありまして当マルシェに参加させていただけることになりました。ということでマルシェの主旨であるチャレンジする場として受講者の方々もコーヒーを淹れてもらい喫茶路地のコーヒーとして提供させていただきます。 (できれば店主は見守り役に回れたら理想ですね) その為にも昨日は閉店後、コーヒーを淹れる特訓を行いました。 ドリップ一つとってみても淹れる人間によって味がちょっとずつ違ってきます。 それはそれで面白いことだなぁと思っています。 お時間ありましたら是非。 他にもたくさんの飲食店さんやショップの出店が予定されています。 またサブカル好きな方にぴったりな古本と雑貨のセレクトショップやステージでのサーカス、ワークショップなどなど一日楽しめる内容かと思います。※雨天時は館内にて開催 店舗は当日お休みさせていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

淵ト瀬さん

おはようございます。 GWも終わりそろそろ皆様も日常に慣れつつあるのではないでしょうか。当店はお店のレイアウトが少し変更になっています。しばらくは慣れないかもしれませんがどうぞよろしくお願いいたします。 さて、ご縁がありましてまた新しく当店の珈琲を扱っていただけるところが増えました。 三重県北部の最高峰、御在所岳(ございしょだけ)の東麓に位置するのは湯の山温泉街。そこに移転オープンされる 淵ト瀬(フチトセ)さんというお店です。もともとこの温泉街のふもとで11年ほどcafecobという店名でフードを中心に営業されていたそうですが心機一転、場所も温泉街の中心部に構え店名も新たにスタートされるようです。 今回の新店舗はもともとは古い旅館であった建物をご夫婦でほぼ自力で改装中。何だかうちとよく似ています。まだお写真でしか拝見していないのですが、お話しを聞くとすぐ近くを流れる渓流のせせらぎの音が店内でも 心地よく流れているそうです。素敵な場所ですね。 この春、温泉街近くに新名神高速道路菰野ICが開通したので車でのアクセスもしやすくなったそうです。 そんな温泉街で只今、改装も大詰めを迎えプレオープンも間近なようですが先駆けてこの週末5/19(日)に湯の山温泉街の毎年恒例イベント カモシカ音泉蚤の市に出店されるそうです! そこでコーヒーもお楽しみいただけると思います。そして改装が終わりオープンしましたらそちらでも。(当面の営業は週末の金土日だそうです) とても会話の弾む素敵なご夫婦が迎えてくれると思います。お会いしてのコーヒーの打ち合せは会話が弾み過ぎて脱線ばかりしてました笑。以前のお店が惜しまれつつ閉店したこと、新しいお店を周りが待ちわびていることが容易に想像できます。 その新たなお店のエッセンスの一つとして加われることはこの仕事をしてて良かったなぁと思えることの一つです。 ありがとうございます。 また温泉街にも足を運びたいと思いますのでその時は改めてここで記したいと思います。 それでは。

メディア掲載のお知らせ

4/23発売のSAVVY6月号【梅田 天満 福島】特集にお店を掲載していただきました。ありがとうございます。 GWは本日からお休み無しで営業させていただき、5/6(月)のみお休みいただきます。 よろしくお願いいたします。

母の日

今年の母の日のギフトは決めましたか? 喫茶路地では昨年に引続き、今年も母の日ギフトをご用意しました。今年は焼菓子とのセットもございます。 店頭受取・ご自宅・直接お届けからお選びいただけますので是非ご利用ください。 喫茶路地の贈り物ページ オンラインショップトップページはこちら

オンラインショップに新豆とマメイケダカレンダーを追加しました。

オンラインショップのアイテムが少し入れ替わりました。 【深煎り】しばらく欠品していたマンデリンですがフレッシュなニュークロップが入りました。マンデリン アチェ 【中浅煎り】 ポルトガル語でワインを意味するカフェヴィーニョ。個性的なフレーバーです。フルーティーなコーヒーがお好みの方は一度お試しを。 それからマメイケダカレンダー2019年7月~12月も取扱い開始しました。ちなみに今現在の1月~6月のカレンダーがレアらしく、わざわざ買いに来られる方もいます。もう少しあります。マメイケダカレンダ2019年1月~6月 オンラインショップの決済会社変更に伴いまして、コンビニ支払いが前払いから後払いの「 クロネコ代金後払いサービス」に変更となりました。※別途、請求書が郵送されます。よろしくお願いいたします。 桜の季節が終わりかけ、いよいよGWにまであと少しとなってきましたね。大型連休のお出かけまでしばらくお家でゆっくり過ごす方も多いかもしれませんね。コーヒーブレイク用にお取り寄せも是非ご利用ください。喫茶路地オンラインショップトップページ 喫茶路地の店舗は来週4/21(日)臨時休業させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

4月のお知らせとその他

4月になりましたね。一昨日は新元号も発表され、新たな気持ちで新年度をむかえられましたね。さて4月は4/21(日)のみ所用の為、臨時休業させていただきます。その他は通常通り営業予定です。よろしくお願いいたします。少し期間が空きましたが先週末は4回目の珈琲教室が終了しました。多様な抽出器具その2ということで、一通り知っておいても損はない器具の使い方を学んでもらいました。その中で店主が一番抽出調整に手こずった器具を少しご紹介いたします。 皆さん一度くらいは見たことがあると思いますがベトナムコーヒーを淹れる器具です。この器具の名前は「カフェ・フィン」と呼ばれるそうでベトナムの伝統的なフィルターです。 針で開けたような小さな無数の穴からポタポタとコーヒーがコンデンスミルクの上に落ちていくのをゆっくり待つ。南国スタイルらしくていいものですね。店主も何年か前にベトナムに行った際に器具を一式そろえていました。しかしあまり出番がなく休眠状態だったので今回やっと日の目をみることができました。 実は美味しい味で作るにはやや調整の手間がかかります。まず、ポタポタと抽出されるベストな粉の量と粗さ。粉の量は一人前約10g。濃くしてやろうと多く粉を入れたらポタポタ出てきません。粉の粗さも重要です。粗いとスーッと抽出されて薄い味になってしまい、細かすぎると粉が 穴に 詰まって全然抽出されません。いい塩梅を探すのに何度か失敗を繰り返しやっと成功しました。器具の個体差もあり、ベストなレシピは各々で見つけるしかなさそうですので詳細レシピは割愛させていただきますね。笑 そしてミルクも甘さが強いので少しずつ後から足して調整することをおすすめします。 もし器具をお持ちの方がいれば是非挑戦してみてください。手間はかかりますが実験感覚で案外面白いですよ。