喫茶路地

短歌

\ 短歌 × 植物 /短歌の世界観を思わせるfor-botanicalさんによる装花がみなさまをお出迎えします。

昨日より、9周年イベントがスタートしました!岡野さんの短歌やその世界観を表現した色とりどりの安福望さんによるイラスト原画、for-botanicalさんによる野花が並ぶ店内は心躍る、とても居心地の良い空間となりました。特に選書コーナー『短歌の試聴機』付近ではコーヒーとみどりの香りが混ざり合い思わず深呼吸したくなること間違いなしです。岡野大嗣さん書き下ろしの連作のテーマでもある【路地、珈琲、散歩】の世界観とリンクし、より奥行きをより深めるfor-botanicalさんの植物たちにも是非注目してみてくださいね。 *喫茶路地 9th Anniversaryーーーーー会期:2022.5.11(水) → 6.5(日)場所:自家焙煎珈琲 喫茶路地大阪市北区浪花町9-5営業時間:13:00-18:00定休日:月曜日、火曜日※ テイクアウトを含む、ワンドリンクオーダー制(物販のみのご利用も可能です)※ 感染予防の観点から、手指消毒をお願いします。※ お席は最大1時間までとさせていただきます。 ご協力のほど、宜しくお願いします。 55

\ 短歌と触れ合う /歌人 岡野大嗣さんと葉ね文庫さんご協力のもと、路地で初となる短歌に出会い、短歌を身近に感じる催しを開催致します!

こんばんは、喫茶路地です。当店は今月、9周年を迎えお蔭様で無事10年目をスタート致します。それに合わせて何かみなさまの『始める』に寄り添えるような企画はできないか、というところからはじまり中崎町に店舗を構え、短歌をはじめ現代詩や俳句、川柳などを扱う葉ね文庫さんにご協力いただき、今回なんともスペシャルな催しをお届けできることになりました。 ▼ 岡野大嗣 短歌展 『うれしい近況』歌人 岡野大嗣さんによる短歌展を開催します。短歌と聞いてなんだか難しそう…というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが(私たちもそうでした)岡野さんの作品を読んでいると情景が映像として見えてくるようなものも多く何気ない日常の一コマの中の、忘れかけていた自分だけの“特別”を見せられているような感覚になることが何度もありました。短歌がお好きな方にも、まだ出会っていない方にもきっと楽しんでいただけるそんな展示となっています。そして今回、本展示のために【路地、珈琲、散歩】をテーマに連作も書き下ろしていただけるとのこと!是非、展示に足を運んでいただけると幸いです。 ▼ 岡野大嗣監修 『音楽ブレンド』を 期間限定で販売、提供致します。岡野さんの短歌ー夢のようだったな なのに だからこそセットリストを思い出せないーをイメージしたオリジナルブレンドは、ライブ帰りの夢とうつつを往来しているようなほの明るい高揚感を表現しています。明るい酸と鼻から抜けるフルーティな香りが非日常を感じさせ、また、心を軽やかにしてくれるそんな一杯です。展示期間中は店内提供やテイクアウトでもお召し上がり頂け店頭、WEB SHOPにて豆の販売も行います。是非、短歌と併せてお楽しみください。 ▼ 岡野大嗣選書コーナー 『短歌の試聴機』で あなたにぴったりの歌集に出会えます。7つのテーマから厳選した20冊をご紹介くださる選書コーナーも開設!ー三十一音の限られた世界そこには無限があります時空を行き来できるチケット喜怒哀楽を描く無数のパレット明るくひろがっていくひとりごと短歌というみじかい歌は言葉になる前の声を抱きとめてくれるものくちずさみたくなる一冊に出会えますようにー期間中は葉ね文庫さんのご厚意で、お席でもドリンクと共に歌集をお楽しみいただくことができるようになりました!(もちろんご購入いただくことも!)絶版のものやサイン本など、なかなか出…続きを読む