喫茶路地

中崎町

朝野ペコさん “花束みたいな恋をした”

先日ブログで当店のオリジナルグッズにご協力いただいておるイラストレーター・朝野ペコさんのことを書きましたが、ご活躍されている表題の映画、見てきました。 主人公演じる山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)が紡ぐ、20代で忘れらない<最高の5年間>を描く、ラブストーリー。今まさにその時を生きる人も、通り越した人もまたそれぞれの視点で共感を感じらる作品ではないかと思います。脚本家は坂元裕二、監督は土井裕泰。話にのめり込んでしまうわけですよね。あっという間の2時間でした。 作品中で主人公“麦”を演じる菅田将暉さんが本編で描くイラストを担当されています朝野ペコさん。ペコのイラストが全体を引き立てていてすごく良かったです。そして最後のエンドロールではイラストがふんだんに使われていて作品のシーンを思い起こしながら余韻に浸れます。色々なグッズも販売されていましたよ。 余談ですが作中の主人公ふたりの何気ない会話の中で「ろじ」というお店の話題が出てきました。設定は確か居酒屋?で全く関係ないですが何だかうれしくなりました。 「花束みたいな恋をした」公開記念のオリジナル「最高純度のオレンジカルピス」や「思い出の焼きそばパン」などもご用意されています。どちもストーリー性のあるものですので鑑賞と併せて楽しめると思います。 当店のオリジナルグッズも完成に向けて準備中ですのでご期待ください! 同じくイラストレーター・画家で活躍中のマメイケダさんのオリジナルブレンドも当店で焙煎させていただいたのもを販売中です。 マメイケダさんのブレンドに関する過去の記事

月替わりコーヒーご用意します。

以前、喫茶では“きまぐれコーヒー ” というメニュー名のものがありましたが、廃止しまして代わりに「メニュー以外の銘柄もあるのでお気軽にお尋ねください」的な感じにしていました。ところが遠慮されてか一部の人のみしかオーダーがなかった為、再度復活させることにいたしました。メニューに明記してある方がオーダーしやすいですもんね。以前は不定期で銘柄が変わっていましたが今回からは月替わりです。小まめに焙煎することを心がけますので焙煎度合は一ヶ月間の間で変わると思います。中途半端ですが3月のものは今週末から始めます。 3月はコロンビア ビジャファティマ ブルボンです。昔々に焼いてましたので再入荷です。ジューシーな酸とシルキーな口当たり、後味もクリーンです。特に冷めてからの味の変化が複雑ですのでゆっくり飲んで愉しんでもらえたらと思います。店内喫茶と焙煎豆のお持ち帰りできます。 新型コロナウイルスの影響が各方面で出てきていますが、頑張っていきましょう。

来年2月発売の昭文社“ことりっぷマガジン 春号”で取材いただきました。

来年2月発売の昭文社“ことりっぷマガジン 春号”で取材いただきました。大阪・中崎町特集だそうです。当店で今月ご用意しているタイ ドイチャン村のコーヒー。この農園にライターさんが行った経験があり、逆に色々お聞かせいただきました。農園というかジャングルの木々の中にコーヒーの木があったとのことです。他の木々が直射日光を遮るシェードツリーの役割をしているかもしれませんね。あとはでっかい焙煎工場があったそうです。おそらく精製を行う工場も併設では?お話ありがとうございました。たまたま取材ノートも現地で買われたDoitungのものでした。