喫茶路地

日記

湯の山温泉のコーヒースタンド 淵ト瀬さんへ

先日、お店を一日お休みいただきまして、三重県菰野町の湯の山温泉街にあります“淵ト瀬”さんというお店に伺ってきました。以前このブログでもご紹介させていただいた珈琲豆を取り扱いいただいてますお店さんです。 大阪から車で2時間~2時間半程度。新名神高速道路の菰野ICが開通したので温泉街までアクセスが良くなりました。電車でも近鉄大阪難波駅から特急を利用して湯の山温泉駅まで 約2時間半。そこからバスがタクシーを利用して10分程度です。 今回は車で伺ったので菰野ICを降り少し山道を走ると突然、昭和にタイムスリップしたかのようなレトロな温泉街が現れます。その一番入口に近いところ、丁度渓流沿いに佇む建物がお目当ての淵ト瀬さんです。 川の流れが緩やかで水深の深いところを「淵」、 流れが速く水深の浅いところを「瀬」 といい、店名の由来となっているそうです。 今回は日帰りでなく淵ト瀬さんのすぐ奥に位置します鹿の湯ホテルさんに宿泊しました。客室からは青々とした山々が望めとても素敵な旅館でした。今回は女将さんと淵ト瀬さんご夫妻が知り合いということもあり、特別に旅館で夕食をご一緒することができました。実はこちらの旅館はお料理がすごく美味しく、ミシュラン2つ星だそうです。でもそのことを全然推していないのが老舗の風格なのでしょうか。そう言っておきながらすみません、写真は撮り忘れてしまいました…。気になる方が是非、訪れてみてください。 さて、今回は淵ト瀬さんの定休日にも関わらず快く迎えていただきお店の改装のことや今後の展望もお聞かせいただけました。お店の改装は知り合いの元大工さんにアドバイスをもらいながらほぼ自力で完成させたそうです。建物の外観自体は大正時代からそのままのようで元々は1階が売店、2階が温泉街に来る団体客を乗せたバスやタクシーの運転手向けの簡易宿として使われていたそうです。その後、住宅用としてのリフォームを経て今のお店へとリノベーションされたそうです。一度、住宅用としてリフォームされた為、昔の様な雰囲気を出すのに苦労されたそうです(昔の姿は外観しか分からないそうです)。壁や天井をはがし解体するところから始め、足元は温かみのある木材、壁は漆喰を施されたそうです。さらに建具などにはあえてエイジング加工を施し全体のトーンを合わせるなど店主のこだわりが詰まった空間です。 店内で一番人気の席は一…続きを読む

珈琲美美さんのお豆

コーヒー教室を受けていただいた生徒さんからお土産にコーヒー豆をいただきました。福岡・赤坂の名店“珈琲美美”。美という漢字を二つを並べて「ビミ」と読みます。多分、コーヒー通の方ならかなりの確率でご存知ではないかという有名店です。日本においての求道的な珈琲店を語る上ではとても重要なところだと思います。 珈琲御三家と呼ばれるのが銀座「カフェ・ド・ランブル」の関口一郎氏、南千住「カフェ・バッハ」の田口護氏、そして吉祥寺「モカ」の標交紀氏。 この中の「モカ」系列にあたるのが珈琲美美さんです。モカはもう存在していませんのでそのDNAを引き継ぐ一番近しいところにあたるようです。ちなみにモカがあった場所はのちに紅茶店が営業されていて、モカの面影が感じられる装飾が一部残っているようでそれを目当てに訪れる方もいるようです。 この珈琲道は現在のサードウェーブ等の比較的浅いローストとは真逆。深煎り、しかもかなり煎り込む方です。ときにこの黒黒とした豆で何故こんなに味が?ということもあります。焦がさずそのポイントまで持っていくのはかなり至難の業なのですが。 いただいた豆は中味という煎り具合なのですが、それでも結構深めです。美味しいのは言わずもがな、味の作り方、勉強になります。

天満

雨が本降りになってきました。 先週は海の日を含む3連休でしたね。天気がいまいちでしたので 皆様近場で楽しまれたのでしょうか? 天満周辺はいつもと少し人の流れが違い、人の多さを感じていたのですが やっと理由がわかりました。 京阪神エルマガジン社の雑誌「Meets Regional」で3年ぶりの天満特集号が 今月号(8月)で組まれていたからの様です。SNSの口コミが普及しているなかでもまだまだ影響力がありますね。 内容はこんな感じです。 特集 祭だ!天満だ! 祭だ!天満MAP デヴィ夫人、天満市場に降臨。 天満の行くべきゴキゲン速報!Go-Guys!(号外) 天満“新”三大祭!! はしご酒、エク酒プレスパス!! Wドラゴンの天麻婆映画祭。 “レペゼン天満”年代記。 はしご酒の街で一軒完結。 LATINMA!の情熱家たち。...

休日のティータイム

頂き物のお茶でティータイム。お店ではコーヒーばかりなのでう自宅ではお茶をよく飲みます。 茶葉の櫻井焙茶研究所さんのホームページを拝見していると、自家焙煎で茶葉をローストされているみたいですね。はっきりと写ってないのでおそらくですが、富士珈機というメーカーの「煎っ太郎」という機械をお使いの様です。珈琲用としては日本で一番メジャーなメーカーさんなのですが、お茶の世界でも有名なのでしょうか。お店の近所、天満市場周辺にあります昔ながらのお茶屋さんで香り良く焙煎されている茶葉はたしか、ゆっくりドラム的なも回転していたような気もします。ドラムの回転数を変えて茶葉用にしているのか…色々と疑問が浮かびます。。 東京に行く機会があれば訪れてみたい場所がひとつ増えました。 普段は珈琲豆を煎ることに使われる焙煎機。しかし応用してカカオや生のアーモンド、カシューナッツなんかも焙煎できます。実際にアーモンドを焼いたこともありますが香ばしさが増して美味しかった記憶があります。 味のバリエーションを作って、自家焙煎アーモンド専門店なんてのもいいかもしれませんね。

テンポ・エスカルゴさんとささのはパンさん10周年イベント

カシューナッツを作ってもらってますテンポ・エスカルゴさん。今年で10周年だそうです!同時期に開業された中崎町の「ささのはパン」さんと記念のスタンプラリーを9月末まで実施中です。両店どちらでも一定金額以上お買い上げでスタンプをもらえ、たまると10周年プレゼントがもらえます。それぞれでお店でプレゼントはご用意しているそうなのでお好きな店舗で交換可能です。 卸の仕入れの関係ですぐにポイントがたまったらしく早々に記念クッキーをいただきました(すみません、、持って帰る際に割ってしまいました)。それぞれのお店のモチーフ、カタツムリとパンダのクッキーです。偶然らしいですけど上下でぴったりフィットしています。 味もさることながら見た目が素敵ですね。 10年続けることに尊敬します。よくお店は3年云々と言われますが、感覚ではもうちょっと時間が必要な気がします。うちもまだまだですしね。

アイスもなかのアイスクリン

先日より始めましたアイスもなか。 コーヒーの需要が落ち込むこの時期ですが、 涼を求めてご来店いただきありがとうございます。よくアイスについて聞かれるのですがタイトルの通り、アイスクリンを使っています。アイスクリンをご存知の方も多いと思いますが昔、お祭りの屋台や催しの露店でよく売っていた さっぱりとしたサクサク感 したアイスです。原材料は 砂糖・たまご・脱脂粉乳・バナナ香料 となっています。この最後に入ってますバナナの香りがまたいいんですよね。 しかし最近、アイスクリンを見かけなくなりました。それもそのはず、現在は高知と沖縄でしか製造していないそうです(喫茶路地調べ)。 なんとなく見かけなくなって食べる機会もなかったものを久しぶりに口にすると「懐かしい」と思うもんなんでしょうね。一年ぶりに懐かしいと思ってもらえる方も増えていって欲しいです。 内容がアイスクリンだけにフォーカスしていましたが、このアイスもなかの美味しさは普段から懇意にしてもらってます、わがし屋よだもちさんの粒あんあってのものです。ありがたいことです。

京都一乗寺にオープンされた“あおいろ珈琲”さんに行ってきました。

先週ですが京都一乗寺にオープンされた“あおいろ珈琲”さんに行ってきました。永らく当店の珈琲をご愛飲していただいておりましたお客様が先月11月に開業されたお店です。叡山電鉄・一乗寺駅から徒歩およそ4分。駅と恵文社一乗寺店を結ぶ曼殊院道を途中、南に下った閑静な場所にコーヒーと手作りスイーツ、ゆったりできる空間のお店を構えられました。青色のドアが目印です。 この日、タイミング良くできたてのショコラテリーヌとコーヒーをいただくことができました。テリーヌは濃厚ビターで甘すぎずコーヒーとも良く合います。珈琲の焙煎は当店でお手伝いをさせていただいてます。 白を基調とした店内は木のテープルやカウンターとも相まって落ち着きます。 奥には読書等に没頭できそうな隠れ家的空間があります。 またお店の隣にはマヤルカ古書店という味のある本がお好きな方向けおの店もあります。 珈琲、スイーツ、読書、古書、そんなワードに反応された方は是非、一乗寺のこちらに足を運んでみてくださいね。 あおいろ珈琲 京都市左京区一乗寺大原田町23-11 営業時間:11時~19時(現時点での情報ですので変更となる可能性あります) 定休日:月曜日  SNS:Instagramあり 【追記】年末年始は 12月30日までと1月1〜3・5・6日 が営業予定日だそうです。

無心に

月一くらいですが、結婚パーティのプレゼント用ドリップパックを作らせていただいています。 本日もそうでした。 営業中の合間合間に作り続けたので、今回はスムーズに完了。 慣れてくるとほとんど何も考えず、手だけ作業している状態なんですが、コーヒーのドリップも同じことに気付きました。 別にボーッとしているわけではないんですが、無心で淹れてることが多いんです。特に時間をはからなくてもだいたいトータルの時間も合ってくる。 腹時計みたいですね笑。 逆にいうと新しい淹れ方をするとき大変なんですけどね。 それでは。

門出

門出 4/14はお店の臨時休業をいただきまして、ご迷惑をお掛けいたしました。 実は喫茶路地開業の頃から公私ともにお世話になっていた友人の結婚パーティーに行ってきました(彼は絵を描くのが得意でうちの店内にも絵を飾ってあります。そしてイベントといえばことあるごとに助っ人として登場してくれました。お時間あれば彼のブログものぞいてみてください)。 ただ単にお祝いに行っただけでなく今回はパーティーの最後に新郎新婦から来賓に渡すコーヒーのドリップパックギフトも作らせていただきました。 新郎新婦それぞれのイメージをブレンドという形で味を表現して、彼が描いたオリジナルのパッケージの袋に詰めて完成させました。 実は新郎新婦の出会いは数年前のお店でのイベントがきっかけで、友人の友人という形でした。そんなご縁があって今回、珈琲を創らせていただけたことはとても感慨深い出来事でした。 今お二人は東京でそれぞれ、目標に向かって奮闘しているとのことです。東京オリンピックを一つの節目としていつかは関西に戻ってきたいとのこと。そんな話を聞くと何とかこちらも踏ん張っていかないと、と思います。 最後に、自分でつくったコーヒーをもらうのも不思議な気分ですね。 何はともあれお幸せに。

あらためまして、ご挨拶。

大阪・梅田から目と鼻の先、天満と中崎町のちょうど真ん中くらいに位置する“とある路地”にひっそりと2013年5月に当店はオープンしました。 週末は込み合うことがあれども平日はひっそりとしてますので、のんびりできる空間を楽しみに来店される常連さんもいらっしゃいます。 お店も手作り、ホームページも手作り。まぁなるようになるだろうという感じで5年間やってこれたのも良いお客様に恵まれた為だと自負しています。 さて、そんな路地のお店で5年やってますと、ギフトに豆を贈りたいとか転勤で豆が買えなくなるという方々がちらほらいらっしゃいましてその都度個別に対応させていただいておりました。こういった積極的にご要望をいただける場合は良かったのですが、わざわざ聴くのもなぁ、まぁいっか…的な方もいらっしゃったのでは(想像ですが)。 というわけで今更ながらですが気軽にネットからも自宅用、贈り物用としてコーヒーをお買い求めいただけるサイトをリニューアルオープンいたしました。(商品などはこれから徐々に増やしていきます!)これからは自宅でコーヒーを飲む方が更に増えていく予感がします。 併せてこちらのブログも始めました。SNSは基本的にはお店のことを浅く広く発信し、こちらはもう少し具体的な発信をしていく予定です。よろしくお願いいたします。 店主 岩金 真司