喫茶路地

教室

4月のお知らせとその他

4月になりましたね。一昨日は新元号も発表され、新たな気持ちで新年度をむかえられましたね。さて4月は4/21(日)のみ所用の為、臨時休業させていただきます。その他は通常通り営業予定です。よろしくお願いいたします。少し期間が空きましたが先週末は4回目の珈琲教室が終了しました。多様な抽出器具その2ということで、一通り知っておいても損はない器具の使い方を学んでもらいました。その中で店主が一番抽出調整に手こずった器具を少しご紹介いたします。 皆さん一度くらいは見たことがあると思いますがベトナムコーヒーを淹れる器具です。この器具の名前は「カフェ・フィン」と呼ばれるそうでベトナムの伝統的なフィルターです。 針で開けたような小さな無数の穴からポタポタとコーヒーがコンデンスミルクの上に落ちていくのをゆっくり待つ。南国スタイルらしくていいものですね。店主も何年か前にベトナムに行った際に器具を一式そろえていました。しかしあまり出番がなく休眠状態だったので今回やっと日の目をみることができました。 実は美味しい味で作るにはやや調整の手間がかかります。まず、ポタポタと抽出されるベストな粉の量と粗さ。粉の量は一人前約10g。濃くしてやろうと多く粉を入れたらポタポタ出てきません。粉の粗さも重要です。粗いとスーッと抽出されて薄い味になってしまい、細かすぎると粉が 穴に 詰まって全然抽出されません。いい塩梅を探すのに何度か失敗を繰り返しやっと成功しました。器具の個体差もあり、ベストなレシピは各々で見つけるしかなさそうですので詳細レシピは割愛させていただきますね。笑 そしてミルクも甘さが強いので少しずつ後から足して調整することをおすすめします。 もし器具をお持ちの方がいれば是非挑戦してみてください。手間はかかりますが実験感覚で案外面白いですよ。

珈琲教室(多様な抽出器具その1)

先週末は3回目の珈琲教室が終了しました。 普段ペーパーで淹れるスタイルですとあまり使うことがない抽出器具を数種類用意しました。 サイフォン・マキネッタ・フレンチプレスetc…極める必要は無いですが、一通り触れておいて損は無いと思います。 せっかくですのでそれぞれの器具で浅煎り・深煎りで抽出して飲み比べていただきました。お味の違いはいかに!?比べてみることで受講者それぞれに発見があったのではないかと思います。 後半は僭越ながら国産コーヒーのお話しもさせていただきました。 過去に精製したパーチメントコーヒー(殻付き)の実物見本もお見せしながら。 そして沖縄コーヒーといえば、当店もコーヒーの木のオーナー制度でお世話になっていますDONABE COFFEEさん。 数年前に沖縄を訪れた際、たまたま立ち寄らせていただいたのがご縁で、二年程前から苗木から育てていただいています。コーヒーが収穫できるまではまだまだ時間がかかりますが今から楽しみです。 ※現在、コーヒーの木のオーナー制度はキャンセル待ちの状態みたいです 色々と理念を持たれて活動されている店主さんです。良かったらホームページ覗いてみてくださいね~。

珈琲教室

久しぶりのブログを更新となりましたが、今年ももう一か月が過ぎ去りました。 今年はお店は全体的にスロースタートでしたが、開業希望者の方向けの複数回実施の教室をスタートさせていただき、その準備等々で充実した一か月でした。今や色々な書籍やインターネットの情報もたくさんあり、コーヒーの知識は誰にでもすぐ得られる存在です。ですが実際の経験をもってお伝えできることもあるのでは、ということで僭越ながらもさせていただいてます。そんな教室も今週にちょうど2回目が終了したところです。 実技とテキストを用いた勉強の2部構成で、写真は今回の実技・ドリップの連続抽出を練習してもらっているところです。 当店の様な路面店でない場合、お客さんも時間のゆとりがある場合が多いのですが時にはそうでない場合もあると思います。ご提供までに無駄な時間がかからないよう心掛けることも大切だと思います。 さぁ次回の準備も頑張らねば。 オンラインショップも少し商品の入れ替えを行いました。店頭と若干違ったりしますがご了承ください。 【NEW】ニカラグア リモンシージョ ジャバニカ 昨年末くらいからデカフェもあります。 ブラジル デカフェ