喫茶路地

水99%の残りの成分

私事ですが今の時期、子供が肌荒れしています。原因をあれこれ考えていたのですが、よくよく考えていると水99.9%と謳っているおしり拭きではないかという結論に至りました。ほぼ水だと思っていて安心して使っていたのですが実は添加物もちゃんと入っていました(すくなからず防腐剤的なものが無いと確かに日持ちしませんし雑菌だらけになりますよね) この話をしたのは、そういえばコーヒーの成分も99%水だということが共通しているからです。あの茶色い色や香り成分は1%の中に含まれている様ですね。たかが1%、されど1%。この影響力ってすごいんですね。そう一人で思ったのでここに記してみました。ちょうど、昨年末のコーヒーチェリーのワークショップにご参加いただいた方からのご要望もあり、少しレベルアップを図るコーヒー教室の内容を練っています。コーヒーの世界もかなり論理的根拠が出てきている昨今、少し理論的アプローチでコーヒーを理解してもらい、ご自宅でのコーヒーライフに役立てもらえればと思っています。 ◎オンラインショップでしばらく売り切れになっていましたミャンマー ジーニアス シャンステイト ハニーが入荷しました。コロナウイルスの影響で外出を控えることもあると思います。どうぞオンラインショップもご利用ください。

スターバックス リザーブ ロースタリー東京

先々週は少しの間、お休みをいただきありがとうございました。最近新しいことをインプットできませんでしたので少しコーヒーのお店を回ってきました。色々と回った中で、一番広く一般的に知れ渡っていそうなところと言えばスタバックス リザーブ ロースタリー東京かと思いますので少しだけ綴ってみたいと思います。 目黒区に位置し1階から4階 までを突き抜ける形で ブロンズのキャスクと呼ばれる 巨大な焙煎貯蔵庫が鎮座している焙煎所兼ショップ。世界に5店舗(東京・シアトル・上海・ミラノ・ニューヨーク)あるロースタリーでも貯蔵庫は最大です。 2019年2月28日に開店したのでもうすぐ1周年ですね。昨年までは行列ができて整理券が配られるなどの入場制限があったみたいですが今は普通に入れます。建物は 建築家隈研吾氏がデザインしたもので1階がコーヒーとベーカリー(プリンチベーカリー)。2階が tea。3階がアルコールメニュー。4階がテラス席とラボなど。とフロアでそれぞれ扱うものが違います。コーヒー一辺倒というわけではないので老若男女色々楽しめそうな空間です。また建築物という観点でも楽しめると思いますよ。 やはり焙煎をしているものとしては焙煎機に目がいってしまいますね。3階に中型、1階に大型のドイツの焙煎機プロバットが鎮座しています。1階のものは「ネプチューン500」というそうで初めて見ましたが圧巻のサイズです。 最大120キロほど焙煎できるようなので当店の大きい方の焙煎機が4キロ釜なので約30倍の容量です。焙煎機があるコーヒーショップは山ほどあるわけですが、ここロースタリーでは見事なまでにエンターテイメント化しているというという点が特徴です。焼く前の生豆を貯蔵した“グリーンビーンサイロ”が焙煎機の横に並んでおり、パイプを経由して焙煎機に送り込まれます。そして焼きあがった焙煎豆は “ チェーンベイ”と呼ばれるパイプ(所々透明?)を経由して焙煎豆サイロまで運ばれていきます。このパイプが 上部に張り巡らされて豆が運ばれていくのが見えるので、ほとんどの人が上を見上げていると思います。視覚的に楽しめてすごい設計だなと思います。 通常のコーヒーは数種類の中から銘柄を選び、さらに抽出方法を選べます。プアオーバー(ハンドドリップ)、クローバー、コーヒープレス、ケメックス、サイフォンなど多彩な抽出方法がありました。プ…続きを読む

浅めの定番コーヒーが変わります。

おはようございます。今日から喫茶の定番メニューでお出ししていました浅めエチオピア シダモがブラジル カフェヴィーニョという銘柄に変わります。以前にも何度かスポットで扱っていましたのでご存知の方もいるかと思いますが、ほんのり赤ワインフレーバーのあるコーヒーです。コーヒーの表現をあまりかけ離れたものに例えるのは個人的にはしっくりこないのですが、この銘柄はある程度、万人に理解していただけるのではないかと思います。こんなコーヒーもあるんだ!という気づきのきっかけになったら良いなぁと思います。来週はお休みが多いのでお気をつけください。2/5(水)営業の後は、2/11(火・祝)が最短営業日です。よろしくお願いいたします。

2月の営業日についてのご連絡

早いものでもう1月も後半です。毎年ほぼ恒例の布施戎神社“戎像拭い鯛型手拭”を手に入れご利益にあやかりたいところでしたが、早速翌日に高熱が出てお店を休む羽目に。ご迷惑をお掛けいたしました。(ただの風邪) 今年もゆっくり焦らずマイペースでということでしょう。1月も店頭せはちょこちょこ新しい豆を焼いたりしていました。大量生産でないので切り替わりが早いのですが今でしたら、コスタリカのマイクロロットのハニープロセスが良いです。浅めできれいな柑橘系の酸、深めでクリーンな豆らしいコクと甘味が特徴です。あとこちらは豆販売は終わってドリンク用があと少しですがマンデリンのリントン ナチュラルが良いです。シルキーな口当たりにマンデリン特有のアーシーさと果実味の旨味があります。このあたりはメニューに載っていませんので気になる方はお声かけください。 さて本題の2月の営業日についてですが、2週目にコーヒーの勉強の為、東京に行く関係でお休みをいただきます。カレンダーにまとめましたのでご来店の際はご確認ください。ご迷惑をお掛けいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

マメイケダカレンダー2020.1-6月オンラインショップにて販売中

こちらも遅ればせながら…ですが、オンラインショップにカレンダーをアップしています。 ※カレンダーの使用時期が始まっています。ご留意ください。 マメイケダさんと言えば、昨年1 2月の“沖縄フェアat喫茶路地”にて絵画を展示いただきました。こちらのカレンダーに描かれている様な食べ物の絵が有名ですが風景画なども素敵です。 ※マメさんの公式HPよりお借りしました 今年も精力的に活動されるようでして、1月初っ端の個展は喫茶路地のご近所で個展があるそうです!以下公式インスタグラムより詳細引用 マメイケダ個展 マメイケダ「ロマン -乗りものと道と光景-」 会期 2020年1月18日土~2月1日土 会場 hitoto(@hitoto_ten5) 大阪市北区天神橋5-7-12天五共栄ビル301 詳細は→https://hitoto.info/ だそうです。!当店ご利用の方も是非足をお運びください!

謹賀新年

遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年も美味しいコーヒーを焼けますよう精進してまいります。よろしくお願いいたします。店舗の営業日は明日1/8(水)12時より。オンラインショップの方は既に発送を開始しておりますのでどうぞご活用ください! さて、新年よりコーヒーの定番銘柄を一新しようと思っておりまして昨年末より熟考していましたが見事に出鼻をくじかれました。いざ生豆を注文しようと思ったのですが見事に在庫切れ…。皆思うことが一緒なのでしょう。再考して少しづつ変えてきたいと思います。(今年もマイペースでやれと言うことなのでしょう)しばらくお休みをいただいて期間が空きましたので、新たに豆をお買い求めいただく方も多いかと思います。店頭の焙煎豆はいつもより少し銘柄を多めにご用意させていただく予定です。よろしくお願いいたします。

年末年始のご案内

大変遅くなりましたが年末年始のご案内です。最終日は夕方までの営業となりますのでご注意ください。 尚、オンラインショップの年内発送の最終受付は12/26(木)とさせていただきます。それ以降は基本、年始営業日以降順次ご対応させていただきます。 年末はいつもより多めに珈琲豆をお買い求めの方も多いので、切らさないよう多めにご準備させていただく予定です!よろしくお願いいたします。

マメイケダカレンダー2020年1~6月入荷しました。

マメイケダカレンダー2020年1~6月が入荷しました!取り急ぎは店頭販売のみです。→【追記】オンラインショップでもお取り扱い始めました! また“沖縄フェア”のマメさんの絵も最後の最後にですが新作が追加されました。幾つかは売約済ですがご購入もいただけます。併せてご覧ください。 フェアは今週15日(日)まで 。最終日はイベントもありますよ。

【12/15イベント】沖縄フェアの〆は泡盛コーヒーで

フェア初日に泡盛に珈琲豆を漬け込んで“泡盛コーヒー”を仕込みました。浅めの豆と深め2種です。そこから約1ヶ月、フェア最終日には飲み頃になっているのではないかと思います。かしこまった会ではありませんのでラフな感じてお立ち寄りいただければと思います!基本は参加費に含まれるドリンク類のみのご用意となりますので、アテなどの食べ物・ソフトドリンクは持ち込んでください。 一人でやってますので、参加者がもし多ければセルフになるかもしれませんがあしからず。 日時:2019/12/15(日)19時30分〜22時場所:自家焙煎珈琲 喫茶路地参加費:¥500(泡盛コーヒー2種、グレープフルーツシークワーサーのアルコールドリンク代込み)

【希少な国産コーヒーの精製&焙煎体験ワークショップ】オンラインショップのご予約開始

【希少な国産コーヒーの精製&焙煎体験ワークショップ】オンラインショップのご予約開始しました! https://kitusaroji.shop-pro.jp/ 『産地に行かなくてもコーヒーの果実に実際に触れてもらえる機会を!』ということを形にしたのがこのワークショップです。 果実はコーヒー農家さんの摘みたてをクール便でお取り寄せし、果実から種(コーヒー豆)を取り出して精製の作業を体験してもらいます。 百聞は一見に如かず、参考書等には書いていないことの発見があるかもしれません!? そして手鍋で焙煎して実際に参加者同士で飲み比べしてみましょう! 以下、ワークショップの詳細です。 ーーーーーーーーーーーーーーー 本州初!? 希少な国産コーヒーの精製&焙煎体験ワークショップ 開催日時:12/7(土)・12/8(日)・12/14(土)・12/15(日)の各日AM10‐12時 定員:各4名 参加費:4,000円 ※ 精製の「乾燥」工程は時間をかけることによって得られる本来の味わいを再現するため、今期収穫豆で仕上げたパーチメントコーヒーを別途ご用意させていただきます。※2 天災や天候悪化による被害で収穫が行えなくなった場合、ワークショップの内容が変更となる場合がございます。ーーーーーーーーーーーーーーー 今回、コーヒー農家としてご協力いただくのが沖縄でコーヒー店をされていますDONABE COFFEEさん。 自家消費のみでもコーヒーの全てを国産で賄うことができないところをお分けいただく、大変貴重な国産コーヒーです。...